こんにちは、yutaです。

今回は少々難しい技術のお話です。

Twitterのチャットボットを作るために、Googleのサービスの一つである「Dialogflow」をTwitterと連携させました。

日本語での手順が調べても見つからなかったので、注意点と一緒に残しておきます。

なお、この手順はTwitterのアカウントは取得済みであることが前提になります。

手順中の各画像は、クリックするとフルサイズで確認いただくことができます。わかりにくい場合はクリックしてください。

スポンサーリンク

DialogflowとTwitterの連携手順

まずはTwitter側の手順になります。

1.アプリを作成する

https://apps.twitter.com/を開き、「Create new apps」を押して情報入力へ。

Name」、「Description」、「Website」の必要項目を入力し、Developer AgreementにチェックをつけてCreate Your Twitter application」をクリックします。

この時、Twitterの携帯電話認証ができていないとappの作成ができないので、この時点で携帯電話認証は済ませておいてください

2.Access Tokenを発行する

次の画面で、見出し「Application Settings」の下の「Consumer Key(API Key)」の「manege keys and access tokens」をクリックします。

次の画面で見出し「Your Access Token」の下の「Create my access token」をクリックすると、連携に必要なアクセストークンが発行されます。

Dialogflowとの連携には次の4つが必要です。コピーしておくかメモするか、あるいは、このページを開きっぱなしにして別のタブで以降の操作をしてください。

  • Consumer Key
  • Consumer Secret
  • Access Token
  • Access Token Secret

3.権限を変更する

手順2の最初と同じく、見出し「Application Settings」の下で、今度は「Access Level」の「modify app permissions」をクリックします。

次の画面の「Access」の下の「Read,Write and Access direct messages」を選択して「Update Settings」をクリックします。

次からはDialogflowでの操作になります。

スポンサーリンク


4.連繋対象にTwitterを選択する

Dialogflowにログイン後、左側のメニューにある「Integrations」をクリックします。

右側の画面が連携できる一覧に切り替わるので、Twitterのボタンを有効(青色)に切り替えてください。

5.Twitterの情報を入力

新しく表示されたモーダルウィンドウで、手順2で残しておいた情報を含む次の項目を入力します。

  • Bot Name
  • Consumer Key
  • Comsumer Secret
  • Access Token
  • Access Token Secret

この時、Bot NameはTwitterのアカウント名(@で利用できる名前)に合わせてください。合わせないと正しく連携ができません。

すべて入力できたら、モーダルウィンドウ右下の「START」ボタンをクリックしてください。

連繋が開始されたらボタンが「STOP」に変わります。

以上で連携は完了です。

Dialogflow自体の使い方はまたの機会にご紹介したいと思います。

【追記】
第2回 【Dialogflowの使い方】機能の説明と基本的な応答の作り方

第3回 【Dialogflowの使い方】聞き返しの作り方

第4回 【Dialogflowの使い方】Fulfilmentを使ってみる(超基礎編)

関連リンク

Twitter

Dialogflow