こんにちは、ゆたかみわーくです。

健康的な生活を送るための一環として、本サイトでは以前から良質な睡眠について取りあげています。

これまでに就寝時のウェア・マクラを揃えてきましたので、次は敷布団を変えてさらに睡眠の質の向上を確かなものとしたく、マットレスを購入しました。

購入したのは「GOKUMINのグランマットレス 2層高反発 三つ折」になります。

こちらの商品に決めたポイントは次のとおりです。

  • ある程度お手頃価格
  • 厚みがある
  • 2種類の硬さを試すことができる
  • さらに三つ折部それぞれで硬さを変えられる

要するに、ある程度のお金でしっかりした厚みのマットレスを硬さのバリエーション変えながら試すことができるという点が決め手です。

結果としてひとまず私は満足しています(さらに良いものもあると思うのでひとまずです)。

私にとって適度な硬さで、マクラの高さとの相性もよく、体感的によりよい睡眠を得ることができたなと感じることができています。

さて、そんなGOKUMIN グランマットレス 2層高反発 三つ折はどんな商品でしょうか。

ご紹介させていただきたいと思います。

【お試しにもいい価格】GOKUMIN マットレス 2層高反発 三つ折レビュー

まずGOKUMINについて簡単にご説明します。

GOKUMINは日本の企業のブランドになります。

株式会社KURUKURUという企業のブランドです。

実店舗がなく、似たパッケージで類似するマットレスを中華系企業がアマゾンで売っているものだから、てっきりGOKUMINも同じ中華系企業かと思われますが、違います。

製造は中国で、今回取りあげるマットレスも中国製にはなりますが、徹底した工場検品と日本国内の検査機関での品質検査を実施することで製品の高い品質を維持しています。

お試しでもいいくらいのお手頃価格

GOKUMINはしっかりした日本のブランドであることは理解していただけたと思いますが、その製品の価格は他の日本の寝具メーカーと比較すると安いです。

おそらくは、先にも述べたとおり実店舗を持たないことなどによるコスト削減ができているからだと考えられます。

好みに左右されるところもありますが、就寝時はまっすぐ直立した時と同じ姿勢で横になれることが理想といまれています。

では、自分の体はどのくらいの硬さのマットレスであればまっすぐな姿勢で寝ることができるのか?

マクラとの相性もよく、頭の位置もキレイにおさめることができるのか?

そしてその体勢は自分の好みであるのか?

このあたりって結局全て揃えて寝てみなければわからないのが本当のところだと思います。

十分に高価なマットレスを購入したからと言って確実により良い睡眠の質を手に入れることができるとは限りません。

店舗で実際にすべてを試して決めるわけではなかったので、だったらある程度の価格でバリエーションを試す機会があったほうが良いと考えたわけです。

私が購入したグランマットレス 2層高反発 三つ折に限らず、試しに買ってみるか…と思える価格帯である。

それがGOKUMINのマットレスでした。

厚みがあって、硬さを変えられる

グランマットレス 2層高反発 三つ折は、3つに別れたカバーを持つ、厚さ10cmのマットレスです。

カバーの中は2層の名のとおり、2種類の違うウレタンが入っていて、それぞれ硬さが異なります。

マットレスの硬さをニュートンという単位の数値で表すとそれぞれ次の通りになります。

  • 250ニュートン
  • 180ニュートン

ニュートンは、数値が高いほど硬くなっていきます。

参考までに、他の一流ブランドがどの程度のニュートンの製品を出しているかを並べますと、次のとおりになります。

メーカー製品名ニュートン
東京西川[エアー01] マットレス/BASIC110
東京西川[エアー01] マットレス/HARD140
昭和西川ムアツ スリープ スパ X上層 : 160
中層 : 220
下層 : 220
昭和西川ムアツ スリープスパ
PLATINUM[ハード]Sp-2
上層 : 240
中層 : 200
下層 : 220
マニフレックススタンダード モデル246170
エアウィーブ全商品表記なし

果たして一体どのくらいの硬さが自分にとってちょうど良いのでしょうか。

これは正直試してみないとわからないですね。

横になりに行って全部試してもいいですが、いいものはいいお値段過ぎて買うのに躊躇ってしまいます。

であれば、ある程度の値段で2種類の硬さを組み合わせて試すことができるグランマットレス 2層高反発 三つ折で相性を確かめてみるという手段はありですよね。

なお、身長178cn・体重73kgの男性である私は、180ニュートンの層で寝ることで以前より心地よく寝ることができました。

250ニュートンは硬く、少しお尻が辛かったです。

また、身長160cm・体重50kgの妻には180ニュートンでも若干硬いらしく、寝られないことはないけれどももう少し柔らかい方がよいようでした。

簡単にたためて、部分ごとの硬さも変えられる

折り目ごとにパーツが別れているため、頭部・腰・足でマットレスの硬さを変えることが可能です。

好みでさらなるカスタマイズが可能になるわけです。

ニュートンまでは記載されていないですが、2枚のウレタン層の上下と切れ目の入った250ニュートンの硬い層の表裏を変えることで微妙に違いを出したりもすることも可能です。

どこがどのくらいの硬さであることが自分がよりよく眠ることができるのかを一つの商品でいくつかパターンを試すことができるわけです。

なお、私は基本的には180ニュートンの層を上にして、腰の部分のみ下の層を切れ目の入った側を上にしています。

総じて

上をみれば、もっと良い製品はあります。

なかほどで比較対象として紹介した商品に横になってみると、もっと良い眠りが手に入る可能性もあります。

しかしコストパフォーマンスを含め、私はグランマットレス 2層高反発 三つ折に満足しています。

価格よし、硬さよし、厚さあってよし、マクラとの相性よし。

このままウレタンがへたるくらいまで使ったら、次にまたその時よい商品を買うことかと思います。

何度か書いているとおりGOKUMINのマットレスはお手頃価格なので、睡眠の質をよくするために試しに買ってみるのによい商品だと思います。

その上で私のように満足できる可能性も十分あります。

気になったらぜひ商品を見てみてください。

この記事は以上です。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

こちらのマットレスを利用して寝た1か月間のデータを次の記事で掲載しているので、よければそちらもごらんください。

関連リンク

なおこの記事の写真はGoogle Pixel 4a 5Gの広角レンズを利用して撮影しています。