こんにちは、yutaです。

実は3週間ほど前にアクティブトラッカーのMi Babd 3を購入して、以来毎日腕につけて、日々の運動量や睡眠を計測しています。

毎日つけているMi Band 3

私は心身の健康のため、毎週ジムに通っているのですが、ジム通いを続けていますと、ジムで動いたエネルギーを数値化という見えるかたちで計測したくなってくるのです。

効果を客観的に確かめたいともいうべきでしょうか。

ランニングマシン(トレッドミル)での走行距離、歩数、スタジオレッスンでの消費カロリーなどを見えるかたちにして、かつ記録したくなるのです。

そして客観的に運動の効果を見ることができると嬉しいのでより運動を頑張ろうとします。

健康の好循環ができるわけです!

そういうわけでアクティブトラッカーを探したわけですが、今やこの手の製品ってかなりの数が販売されていて、Amazonなんかを見ると価格もピンからキリまでで、聞いたことのないメーカーも含めたくさんの商品が出ています。

Amazonでアクティブトラッカーを検索して出てくるたくさんの商品

果たしてどれを買うのが良いのか…と迷ってしまう訳ですが…いろんな商品を見たうえで、Xiaomi(小米科技)というメーカーのMi Band 3を購入しました。

Mi Band 3の箱

まず最初にお値段だけ書いておくと、なんと「3470円(当時)」。

【正規品1年保証 | 技適認証済】Mi Band 3 (グローバル版) | Xiaomi (小米 シャオミ) スマートウォッチ 活動量計 歩数計 心拍計 睡眠モニター (LINE/Twitter/Facebook/Instagram/SMS/着信、Gmail通知など) 天気予報 0.78インチ高輝度 高精細OLEDタッチスクリーン 5気圧防水 日本語専用アプリ iOS&Android対応 バッテリー長持ち(最長20日間)

新品価格
¥3,499から
(2019/6/9 15:17時点)

これって結構お買い得でした。

非常にコストパフォーマンスに優れていると思ったんです。

この記事では具体的にMi Band 3が、どこがコスパに優れているのか、ご紹介させていただきます。

アクティブトラッカーをお探しのみなさんに少しでもお役に立てば幸いです。

【コスパよし!】アクティブトラッカーでより健康を目指そう!

まず、持論になりますが、アクティブトラッカーとは何か、スマートウォッチとは何が違うのかをご説明します。

アクティブトラッカーとスマートウォッチ

いきなりになりますが、これだ!と2つを分けてしまいますと、次のような感じです(再度書きますが、持論です)。

  • アクティブトラッカー:活動測定がメインで従来の腕時計型をしていないリストバンドタイプのもの。
  • スマートウォッチ:腕時計型をしていて、多機能で活動量測定もできるもの。中には本体のみで通信できるものもある。

まず形から入りますと、スマートウォッチはApple Watchに代表されるような腕時計型をしたもので、今やFossilのような大衆向けのファッションブランドや、ルイ・ヴィトンにタグ・ホイヤーという高級ブランドまでがスマートウォッチを発売しています。

メールやスケジュールの確認、タクシーの配車などに加えて歩数や心拍数、睡眠の測定などが可能です。

一方アクティブトラッカーはリスト型で、本体は細長い形をしています。

活動量計測がメインのため、不必要にディスプレイが大きかったりカラフルだったりすることはありません。

スマートフォンの専用アプリと連携することでアプリの通知などを受取ることは可能ですが、トラッカー単体へのアプリ追加や、専用アプリに定められていない通知連携などはできません。

と書きましたが、その境界は曖昧であって、カラフルで大きな液晶と高機能を有していてスマートウォッチのようなアクティブトラッカーもあれば、活動量測定以外ほとんどできないようなスマートウォッチもあります。

と書きましたが、この記事ではひとまず、細長い本体ものをアクティブトラッカーとして以降の内容を記載させていただきます。

XiaomiのMi Band 3は何が高コスパなのか

結論を先に書きますと、価格がお手頃なのに、ある程度の実績と信用があって、機能的にも申し分なく、バッテリーの持続時間が長く、残量を気にする必要がないこと。

さらに、交換バンドの種類が豊富(サードパーティー製)で着せ替えができること。

これが高コスパの理由です。

大きくなっても小さい3代目

3と付いているとおり、Mi Band 3は同シリーズの3代目になります。

年を重ねるごとにMi Bandはその機能を拡張させて行き、ディスプレイのなかった初代から、ディスプレイがついてアイコン表示ができるようになった2代目、そして3代目ではテキスト表示もできるようになりました。

しかし、それに伴ってMi Bandのサイズは徐々に大きくなっていきました。

…とはいってもこのサイズです。

iPhone5とのサイズ比較

とてもコンパクト。

厚さ、横幅も小さく、無駄のない小型サイズがとても好印象です。

成人男性の腕に装着したときのサイズ感
成人男性の腕に装着したときのサイズ感2

分厚かったり横幅が太いのって、スタイリッシュじゃないじゃないですか。

小さいけど高機能でコスパに優れています。

プロダクトメーカーとしての高い実績

シャオミは実は中国の家電メーカーで、スマートフォンの販売にはじまり、非常にコストパフォーマンスに優れた製品を多数リリースしています(日本にはほとんど上陸していませんが・・)。

近年の中国の製品はかつてのように一概に質が悪いとは言えないことは既に周知の事実であると思います。

世界で受け入れられるシャオミの実績を疑うことはできません。

Mi Bandも3代目であり、それだけ続いて愛用されているということも窺えますし、安定した動作と、自然な日本語対応が行われているわかりやすい専用アプリには、積み重ねられた実績とノウハウが注ぎ込まれていることを感じます。

日本語に違和感を感じない使いやすいアプリ画面

それがこの価格なんだから、高コスパだと思います。

ロングバッテリー

ほとんどのアクティブトラッカーは充電式のバッテリーを搭載しており、Mi Bandもそのうちの1つになります。

アクティブトラッカーやスマートウォッチのバッテリーの持ちは本当に様々で中には24時間持たないものもあります。

充電を気にするって意外に煩わしいんですよね。

特にアクティブトラッカーは、日々の行動を常に記録しておくための道具なのに、充電しなければならないから寝ている間の記録ができない…というのは困るじゃないですか。

でも、Mi Band 3なら、最長20日(公称)は持ちます。

ここで言われる最長とは、電力を使う動作を可能な限りオフにして節約した運用を心がけた時の持ち時間になります。

すなわち、心拍数を計ったり、手首をひねる動作で画面が自動点灯するようにしたり…と豊富に用意されている便利機能を利用した場合にはバッテリー持ちは低下します。

私は定期的な心拍数計測とLINEの通知を常用し、週に一度はエクササイズ計測など高度な計測を実施していますが、1週間以上はバッテリーが持っている状態です。

たま〜に残量を確認して「そろそろ充電しとくか〜」ってお風呂に入っている間に充電しておく感じで毎日充分利用できています。

バッテリーは本体でもスマホでもどちらでも確認可能

長持ち電池で高コスパです。

豊富な交換バンド

メタルバンドにメッシュバンド(ミラネーゼループ)、革ベルトに通気設計のシリコンバンドに…

Mi Bandには交換ベルトがとにかく豊富にあるんです。

しかも1000円台くらいで。

XIHAMA FOR Xiaomi Mi Band 3 高級 ミラノのループ 交換バンド メッシュ編み 替えストラップ シャオミ3 バンド ブレスレット ベルト 全4色 (S-180mm, ブラック)

新品価格
¥1,480から
(2019/6/9 16:22時点)

XIHAMA For Xiaomi Mi Band 3 高級 ステンレスチール 交換バンド 腕時計 替えストラップ シャオミ3 バンド ブレスレット ベルト (三珠, シルバー)

新品価格
¥1,650から
(2019/6/9 16:23時点)

T-BLUER Xiaomi Mi Band 3のための金属フレームとの交換の手首の革のストラップのリストバンドスマートなブレスレットアクセサリー(トラッカーなし)

新品価格
¥1,699から
(2019/6/9 16:24時点)

Dingtool Compatible for Xiaomi Mi Band 3 バンド, スマートウォッチ Mi Band 3 Bracelet 専用交換バンド (color10)

新品価格
¥1,159から
(2019/6/9 16:26時点)

純正カスタマイズパーツとしてそういったバンドはないので、これらはすべてサードパーティー製、しかも初めて聞く中国のメーカー製(だからそれだけ安いという理由でもあります)。

だけど、1000円と少しだったら多少長持ちしなくても納得いきませんか?

一つ一つが安いから、複数のバンドを持って気分で変えるなんてオシャレなこともできますし。

本体が安い上、交換バンドも安くてこれだけカスタマイズしてオシャレに楽しむことができる。

サードパーティーまで含めてコスパよしです。

ちなみに私はマジックテープ式のナイロンバンドとシリコンバンドを愛用しています。

gazechimp Xiaomi Mi Band 3に対応 交換用 時計バンド 時計ストラップ ナイロン製 防水 全5色 – 青

新品価格
¥1,160から
(2019/6/9 16:28時点)

日常はナイロンバンドで、スポーツ時にはシリコンバンドをつけるようにしています。

【正規品1年保証 | 技適認証済】Mi Band 3 (グローバル版) | Xiaomi (小米 シャオミ) スマートウォッチ 活動量計 歩数計 心拍計 睡眠モニター (LINE/Twitter/Facebook/Instagram/SMS/着信、Gmail通知など) 天気予報 0.78インチ高輝度 高精細OLEDタッチスクリーン 5気圧防水 日本語専用アプリ iOS&Android対応 バッテリー長持ち(最長20日間)

新品価格
¥3,499から
(2019/6/9 15:17時点)

最後に

この記事では、愛用しているMi Band 3のみを取り上げさせていただきましたが、最近は普通のアナログ時計に活動量計測やスマホ連携機能をつけた「ハイブリッドスマートウォッチ」と呼ばれるシリーズや、通常のボタン電池を利用するので、電池持ちだけなら半年間は大丈夫なような特徴を持った商品もあります。

ご興味がありましたら調べてみてください。

[スカーゲン]SKAGEN 腕時計 Signatur ハイブリットスマートウォッチ SKT1114 メンズ 【正規輸入品】

新品価格
¥27,168から
(2019/6/9 16:31時点)

Withings Steel HR Sport ホワイト 歩数 消費カロリー 心拍数 睡眠データ記録 最大25時間充電持続 【日本正規代理店品】 HWA03B-40white-sport-all-Asia

新品価格
¥25,407から
(2019/6/9 16:32時点)

冒頭にも書いたとおり、今やこの手の製品は本当に多くの種類が溢れていますが、みなさんにはその中でご自身のあった素敵な商品に巡り合って、健康の好循環を築いていただけると嬉しいです。

そのためにこの記事がお役に立てば幸いです。

以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【正規品1年保証 | 技適認証済】Mi Band 3 (グローバル版) | Xiaomi (小米 シャオミ) スマートウォッチ 活動量計 歩数計 心拍計 睡眠モニター (LINE/Twitter/Facebook/Instagram/SMS/着信、Gmail通知など) 天気予報 0.78インチ高輝度 高精細OLEDタッチスクリーン 5気圧防水 日本語専用アプリ iOS&Android対応 バッテリー長持ち(最長20日間)

新品価格
¥3,499から
(2019/6/9 15:17時点)