こんにちは、ゆたかみわーくです。

座り仕事をずっと続けていると、腰が痛くなってきますよね。

専業ブロガーさんも、本業で事務やプログラマをやっている方も、それはみんな同じことかと思います。

動いてなくてもよい仕事をしていても、身体が資本であることは変わりありません。

また、自宅でも固い木製のイスなどで作業していると腰は悪くなる一方です。

もし、すこしでも腰への負担を抑えたいと思われたなら、少し奮発していいイスを購入してみるのはいかがでしょう。

自宅のリビングにオフィスチェア(またはゲーミングチェア)を導入したって別にいいじゃないですか。

イスに座る時にはしっかり腰を休めることができるようになるうえ、ブロガーとしての自宅作業も格段にやりやすくなりますよ。

もっと早くイスを新調するべきだった」・・・と思われるかもしれません。

さてでは、今回入手して利用させていただいているイスについて少しご紹介させていただきますね。

ご自身のイス選びの参考にしていただければ幸いです。

開封・組立ての項では驚きの事実が明らかになります。

【腰痛対策】オフィスチェアを購入してリビングに設置したら家作業が快適になった!

購入したオフィスチェア

今回購入したイスはこれです。

Hbada オフィスチェア メッシュ デスクチェア

Hbada オフィスチェア メッシュ デスクチェア – ハイバック 可動式アームレスト 昇降ヘッドレスト 約155度リクライニング 通気性 鋼製ベース

新品価格
¥17,880から
(2018/10/2 07:54時点)

エルゴノミクスデザイン(人間工学に基づいたデザイン)により、腰はもちろん、肩や背中の負担も軽減し、長時間座り続けても楽な姿勢を保ち続けることができるオフィスチェアです。

背もたれやヘッドレストはメッシュ生地のため通気性がよく、座面はモチっとした高密度ウレタンフォームが快適な座り心地をキープします。

また、約155度まで傾く無段階のリクライニング機能がついており、作業中に疲れたら背もたれを倒して休憩することも可能です。

めいっぱい倒して寝そべっても、バランスを崩して倒れるようなことはありません。

リクライニング時、背もたれに連動してひじ掛けも位置が変わる仕組みが素敵です。

座面のサイズは横約50cm・縦約47cmで結構大きいので、180cmの近い身長の男性が正座したり三角座りすることも可能で、少し足のポジションを変えたいなという時にも余裕があります。

なお、人間工学とは次のような学問のことを言います。

Wikipediaより

人間が可能な限り自然な動きや状態で使えるように物や環境を設計し、実際のデザインに活かす学問である。 また、人々が正しく効率的に動けるように周囲の人的・物的環境を整えて、事故・ミスを可能な限り少なくするための研究を含む。

つまり人間工学に基づいて作られたイスは、自然な姿勢で座ることができるため、腰や背中への負担が少ないんですね。

どうしてこのイスなのか

数多あるオフィスチェアの中でどうしてこのイスを選んだのか、理由をまず先に書くと、ある程度イメージを持ったうえでの探した内での評判の良さと、予算と直感です

ネットショップを見ると、たくさんのオフィスチェアがあり、果たしてどれがいいものかと悩んでしまいますね。

でも残念ながら実際に座って感触を確かめることはできません。

最終的にこのイスをAmazonで購入したわけですが、購入の前にはいくつかの実店舗を見回りました。

そんな中訪れたヨドバシカメラにはゲーミングコーナーがあり、そこには立派なゲーミングチェアがありました。

次の動画のような至れり尽くせりのイスです。

早速腰を掛けてみると・・・なんと快適なことか。

カッコいいうえ豪華であることも特徴のゲーミングチェアでしたが、とにかく座りやすく、腰や背中の負担軽減もよく考えられたようなデザインをしていました。

これ、、、これは欲しくなるなぁと思ったものの、ゲーミングチェアって結構高いんですね。

おまけに大きくて重いので、そこが導入時の問題点になります。

でも実際に座ってみることは、イメージ作りに大いにプラスになりますね。

ゲーミングチェア過ぎないけれども、背もたれや肘掛けがしっかりしていて、微妙な角度調整が可能なものを…というイメージが固まりました。

そんな感じでイメージを持つことができたら、あとは検索あるのみです。

なお、後で調べたのですが、ゲーミングチェアとは、一日の大半を座って過ごすことになるプロゲーマーのために作られたイスで、正しい姿勢を長時間維持出来て、できるだけ身体に負担やストレスが少ないイスであり、ゲームをする際のコントローラーの操作性や安定性を向上させてくれるイスのことを言います。

コントローラーの操作性や安定性を考えたところがオフィスチェアにはないポイントですね。

また、やたらカッコいいデザインはバケットシートデザインと呼ばれるF1のレーシングカーの座席に採用されているデザインと同じものになります。

購入したイスの座り心地は?

もちろん、快適です。

深く腰掛けて上半身を起こすと、まず一番に背もたれに腰が当たります。

そこ、そこを支えてほしいねん!という場所にジャストフィット」します。

これがエルゴノミクスの実力か!

下の方でグイっとカーブした背もたれがいい仕事をしている証拠ですね。

リクライニングは、少し体重を預けるのが怖いですが、先述した通り、問題ありません。

イスで横になれるっていいですね。

ヘッドレストのありがたさを感じます。

ただ、身長が160cmに満たない場合、少し位置が高いようで、足が浮くくらいにしっかり乗っからないとヘッドレストまで頭を持っていくことができないようでした。

大きめのイスなので、身長が低いと頭がつかないか足が浮いてしまうようです。

とはいえ普通に心地よく座ってリラックスできるイスです。

欲を言えば、ランバーサポート(腰を支えるクッション)がついてるとなおGoodでした。

ちなみに、腰痛に良い座り方というものがあるようです。

腰痛持ちの方は、ぜひ参考にして座ってください。

開封・組立て

説明書を見ながらの組み立ては簡単で、20分ほどでできます。

Amazonで注文したら翌々日にはもう届くので、早速開封して組み立て可能です。

左下のiPhone5と比較してわかるとおり、大きな箱でやってきました。

中身は下の写真のようになっています。

説明書に従ってこれらを組み立てていくだけで、特に難しいことはありませんでした。

が、組み立ての最中、背もたれを座面に差し込む時にヒラっと垂れてきた定価の値札を見て、二度見してしまいました。

え?

なんと定価は91,680円。

1,7800円で購入したので、これは驚きでした。

すごく得した気分です。

ていうか、得してるんですよね。

・・・黙々と組み立てること20分

 

組み立てが完了しました。

座ってみましょうか。

購入したオフィスチェアに戻る。

最後に

いかがでしたでしょうか?

ご覧いただきました皆さまにおいては、身長も体重も様々だと思いますので、どんなオフィスチェアが合うかは人それぞれだと思います。

なのでご紹介したものと同じオフィスチェアが必ずしもシックリくるわけではないとは思います。

ただイスを新調してまず思ったことは、冒頭にも書いたとおり「もっと早くイスを新調するべきだった」ということでした。

ここまで読んでくださった皆さんは、既に長い間腰痛に悩まされていた方々なのではないかと想像します。

もしそうであるならば、早めにイスを変えることもご検討ください。

きっと腰の負担を楽にしてくれますよ。

以上になります!

最後までご覧いただきありがとうございました。