こんにちは、ゆたかみわーくです。

前回の記事でMiスマートバンドは3を愛用していると書いておりましたが、実はその記事の更新中に5をいただいてしまい、現在私の手首にはMiスマートバンド5が装着されています。

1週間ほど5を身に着けていたので、今回はMiスマートバンド5のレビューをさせていただきます。

結論から申し上げると、やっぱり3より良いです。

3で十分とも思っていましたが、5を手首に着けると、機能的にも物理的にも5いいなぁって感じてしまいます。

え?5は3より重いんじゃないの?

と聞かれたならば、答えはYesです。

でも重さの問題じゃないんです。

その理由は、下の比較表のあとに記載しますね。

項目/バージョン345
サイズ mm
(W×H×D)
17.9×46.9×1217.8×46.8×12.618.15×46.95×12.45
重さ20g22.1g23.3g
電池もち20日20日14日
ディスプレイモノクロカラーカラー
ディスプレイ
サイズ
0.78インチ
128×80
0.95インチ
240×120
1.1インチ
294×126
Mi スマートバンド比較表

さて、では何が物理的にもいいのかと申しますとそれはズバリ「シリコンバンドが柔らかくていい」です。

え?そこ!?

はい、そこです。

重さの違いは正直誤差です。数グラムなんてわかりません。 

ということでシリコンバンドも含め、次のようなポイントをレビューさせていただきますね。

【Miスマートバンド5レビュー】着け心地がよくなって、個人に最適化した運動量が測れるようになった!

まず前提として、私がいただいたMiスマートバンド5は日本語版です。

グローバル版の場合、ひょっとすると違ってくる事があるかも知れません。

基本的には言語対応の違いだけだと認識していますが、ひょっとするとバージョンの違いによる可能性もあるかもしれないのでご了承ください。

計測できる項目が増えるのがいい。

3で満足していましたが、5になって計測できる項目が増えたことはプラス要素でしかありません。

とりわけ睡眠の計測で「レム睡眠」が増え、一層詳細な睡眠の質の記録ができるようになっている事が嬉しいです。

行動や環境を変えることで睡眠の質の向上を図る際に、一定のルールで計測し続けてくれるこういった値は指標として役に立ってくれます。

また「PAI(Personal Activity Intelligence)」が計測できるようになったのも良い進化だと思います。

30歳と65歳の男性に1日8000歩という目標を課したところで、その効果は一定ではないですよね。

PAIは、各々の年齢・性別・身長・体重・心拍数のデータをもとに計測される運動量スコアになります。

一週間の積算で100を目指すもので、個々人の生活習慣を改善するための指標とされています。

つまりPAIは今の自分をより良くするための自分のためだけの運動指標になるわけですね。

自分にとってベストな運動ができているをより正確に理解できるようになったわけです。

そのほか、基本的なものも含め、Miスマートバンド5が計測・記録できるものは次の通りです。

  • 歩数計測
  • 歩行距離計測
  • 消費カロリー計測
  • 睡眠計測
  • 心拍数計測
  • PAI計測
  • ストレス値
  • 座りすぎ時間
  • 11種類のワークアウト時の運動
  • 月経周期

充電しやすくなったのがいい。

先の比較表のとおり、Miスマートバンド5は画面の大型・カラー化や高機能化に伴い充電時間が短くなりました。

とはいえ、もともと20日もあったものが14日になっただけ。

使ってみて正直、短くなったとかそんな文句は一切出ませんでした。

そりゃ3日とか4日とかで頻繁に充電しなければならないなら話は別ですが、これも誤差のようなものでした。

それよりも、充電方法が変わって確実に充電ができるようになったことがとても良い変更点でした。

実はかつて3のレビュー時にも書いていたのですが、Miスマートバンドと言えば、充電しにくいっていうマイナスポイントがあったんですね。

純正の充電器は充電できないことが多く、非純正をレビューされるくらいのダメさ加減で、なかなかストレスのたまる仕様だったのです。

それが今回は革新的な変貌を遂げ、5ではマグネット式の充電コネクタをピタッとつければバンドを外すことなく100%充電できるようになりました。

簡単・確実に充電ができるようになったわけです。

これがすごく良い改善点でした。

シリコンバンドがより良くなったのがいい。

Miスマートバンドには、非純正ながら豊富な交換バンドが用意されています。

メタルバンドに革バンド、ナイロンバンドもあればミラネーゼループももちろん。

どんなバンドがあるかは、Amazonを検索してもらえばすぐにわかっていただけるかと。

Miスマートバンド 5 ベルト

その日の気分で交換できるバンドが複数あるって嬉しいですよね。

そんなわけで3の時も違うバンドを購入してつけていたのですが、結果を申しますと、最終的には純正のシリコンバンドに戻りました

純正のシリコンバンドがどんな時も一番着け心地がよかったんです。

寝ている時も、ジムで運動している時も。

そのシリコンバンドが、よりしなやかに、より着け心地よくなっています。

常に身に着けるウェアラブルプロダクトにおいて、着け心地は重要なポイントだと思います。

シリコンバンドの改善は、地味ながらすごくいい変更と感じました。

困った点は?

さてでは逆に3から5にしたことで困った点はないのでしょうか。

結論を申しますと「私はありません」。

ただただ使いやすくなりました。

ただし、高解像度化されて細かくなった文字を見た妻は「小さくて少し見にくい」と言っていたため、人によってはそのような印象を抱くこともあるようです。

フォントのサイズが変えられるようになるといいですね。

また、カラー液晶にはなりましたが、本製品はあくまでアクティブトラッカーです。

スマホのメニューのように指に吸い付くような滑らかな操作性はありません。

そういったソフトウェアの使い心地を求める場合は、Huawei Watch Fit などの競合製品を購入されることをオススメします。

まとめ

Miスマートバンド5のレビューについてまとめますと次の通りになります。

  • 重さや大きさが増したのは誤差の範囲。
  • 睡眠、運動量がより正確に計測できるようになった。
  • 充電しやすくなった。
  • シリコンバンドがつけやすくなった。

以上になります。

もしこれからアクティブトラッカーを使って運動の記録、また生活改善に取り組みたいという方にはMiスマートバンド5がオススメです!

ぜひ手にとってみてください!

最後まで読んでいただきますありがとうございました。